COMPANY 会社概要

SDGsの取り組みについて

持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

SDGsの取り組みについて

株式会社ときわのSDGs達成に向けた取り組み

当社は「私たちは私たち自身とお客様に幸せと感動を永続的に提供し心温まる地域社会づくりに貢献する」という理念のもと、従業員一人ひとりがサービスを提供しています。また、SDGsの考えにも賛同し、株式会社ときわとして持続可能な世界の実現をめざします。 自分たちに出来ることを探し、毎年部署ごとにテーマを決めて実行しています。また、半年に一度開催する全社会議にて取り組みの内容を発表しフィードバックをすることで、より良い取り組みへと改善を続けています。

取り組みの一例

食材のロスや食べ残しを減らす

宴席の開始直後30分間と終了10分前は、歓談をせずに食事に集中してもらうことで、食べ残しを減らす「30:10(さんまるいちまる)運動」を取り入れています。司会者や幹事の方からゲストへアナウンスしていただくことで、食べ残しの減少に繋がっています。また、料理の提供方法をテーブルごとの卓盛りビュッフェにすることで、必要以上の料理を作りすぎず、食材ロスを最小限にしています。

食材のロスや食べ残しを減らす

オリジナルエコバックの開発

紙製の引出物袋が主流のなか、使い捨てではなく繰り返し使用できるエコバック仕様の布製の引出物袋をオリジナルで開発いたしました。紙資源の削減に繋がるだけでなく、ゲストが結婚式の後もずっと使い続けられることが新郎新婦さまにも好評いただいています。

オリジナルエコバックの開発

プラスチック製品の使用量を減らす

プラスチック製のドリンクカップをマグカップへ変更したり、紙ストローを導入することでプラスチック製品の使用量削減に努めています。また、宴席後に出る使用済みの割りばしをリサイクルする活動にも参加しています。ゴミを削減することで環境保全にも繋がっています。

プラスチック製品の使用量を減らす