社会貢献・地域活性化への取り組み

ときわグループは、行政・教育機関・商店組合等と連携し、微力ながら地域社会の活性化に尽力しております。
また、その取り組みが認められ栄誉ある賞を多数いただいております。

「はぐくみ支援企業」として表彰(2009年3月)

企業における次世代育成支援への自主的な取り組みの促進を図るため、仕事と家庭の両立支援について他の模範となる優れた取り組みが評価され、「平成20年度はぐくみ支援企業」として表彰されました。以後も「はぐくみ支援企業」として認証され続けています。

街おこしイベントにて「花嫁行列」を再現(2011年1月30日)

徳島県西部、脇町のうだつの町並みにて「花嫁行列」を再現。レトロ建築で有名なオデオン座で色打掛を中心に婚礼和装のファッションショーを開催。また、藍商佐直吉田家住宅での華道家假屋崎省吾氏の華道展には色打掛を提供。2015年も同様のイベントに参画しました。
ph

徳島県ネーミング・ライツ取得(2011年6月より継続中)

徳島県のネーミング・ライツ制度の導入に伴い、「男女共同参画交流センターフレアとくしま」と「フレアホール」の施設命名権を5年間取得。
ph

商店街の活性化を支援(2011年7月24日)

徳島市東新町商店街とコラボし「とくしまHappyFesta」を開催。アーティストのライブやFMの公開収録、アーケード内でストリート・ファッションショーなどを企画・運営。
ph

大学に講師を派遣(2012年4月より継続中)

徳島文理大学の外部講師として2012年度より、生活科学科においてブライダルコースの授業を行っています。授業内容は、衣裳や挙式などの専門知識をはじめ社会で役立つマナー等。理論だけでなく実地研修をまじえ、第一線で活躍している社員が教鞭を執っています。年一回、学生によるファッションショーの開催もプロデュース。
ph

地域活性イベントへの協力(2013年4月21日)

徳島を代表する春のお祭り「はな・はる・フェスタ」に協賛し、ブライダルファッションショーを企画・運営。

第二回「とくしまイクメンサポート賞」受賞(2013年5月3日)

「イクメンサポート大賞」は、男性の育児参加への抵抗感をなくし、男性があたりまえに育児に参加する社会づくりを促進する「とくしまイクメンプロジェクト」の一環として徳島県が2012年に創設。
ph

ブライダル産業を活性化するために、大がかりなイベントを企画・運営
(2013年8月18日)(2014年8月17日)(2015年8月23日)(2016年7月31日)

徳島最大級の催事空間「アスティ徳島」を会場に「とくしまブライダル・エキスポ」を4連続開催。ときわグループ店舗だけでなく、結婚準備の中で必要となるアイテム、招待状、美容、写真、装花、衣裳、引出物、さらに結婚を機に購入を検討する指輪、新居、家具、車、旅行などを取り扱う多彩な企業とコラボレーション。初年度は2,456名(協賛企業54社)、2年目は3,623名(協賛企業67社)、3年目は2,224名(協賛企業51社)、4年目は1,839名(協賛企業61社)の来場があり活況を呈しました。

ブライダルエキスポ2013レポート

ブライダルエキスポ2014レポート

ブライダルエキスポ2015レポート

ブライダルエキスポ2016レポート

ph

県内企業「婚活支援ネットワーク」構築事業を業務受託(2014年9月)

徳島県が推進する県内企業の婚活支援ネットワークの構築事業を業務受託。協賛企業の募集や、報告会議の開催、婚活パーティの実施などを行っています。

厚生労働統計功労者として表彰(2014年10月18日)

平成26年度厚生労働統計功労者として表彰されました。

樫野倶楽部が食品衛生優良施設として表彰(2014年11月13日)

徳島県食品衛生協会より樫野倶楽部が食品衛生優良施設として表彰されました。食品の取り扱いおよび施設が衛生的であって他の模範と足るものと認められての受彰です。

ファミリー向けイベントへの協力(2014年11月15日)

公益財団法人徳島県勤労者福祉ネットワーク主催の「ファミサポフェスティバル」に協力。徳島県立中央テクノスクール(ろうきんホール)にて、レンタルブティックアズが「わくわく夢の変身コーナー」を設置。80名を超える子供さんたちが、かわいらしいドレスやタキシードを試着しました。

厚生労働大臣より「くるみん」認定(2016年6月8日)

次世代育成支援対策推進法第13条に基づき「子育てサポート企業」としての厚生労働大臣の認定である「くるみん」認定を受けました。

四国でいちばん大切にしたい会社大賞受賞 (2017年2月17日)

第6回「四国でいちばん大切にしたい会社大賞」におきまして(主催:四国地域イノベーション創出協議会、産業技術総合研究所四国センター、中小企業基盤整備機構四国本部)「四国経済産業局長賞」の最優秀賞を賜りました。