本物

お二人の誓う愛が、人々の間に結ばれる絆が
唯一無二の「本物」である以上、
お世話をする私たちも「本物」でなくてはならない。
貸衣裳店として創業以来、60年。
頑なまでに理想を貫きながら、株式会社ときわは
お客様の幸せな姿とともに歴史を刻んできました。
それは、最高の祝福をクリエイトするために
衣裳、建物、調度品のすべてにおいて
「良きもの・本物」を求め続けた道のりでもあります。
スタッフの目標も当然、本物のプロフェッショナル。
日々おもてなしの心を磨き、専門知識・技術を深め、自らを高める努力を続けています。

_
_
_

伝統を受け継ぎ、
新しき美学を創る

この世には、歳月だけが創造することができる
「美」や「価値」があります。
今はもう織りあげることができない匠の打掛
芳醇な時代の香りを残す大正期の邸宅
歴史が紡ぎあげた、うるわしい作法の数々・・・
時を越えて輝く、古き良きものを受け継ぎながら、
新しい美のエッセンスを加えることで
次世代へ「寿ぎの美学」を伝え続けます。

_
_

非日常の世界を魅せる
品格あるラグジュアリー

瞳に映るすべてのシーンは美しく輝き、
ライブで奏でられる祝祭曲の数々は
人々の会話と時に楽しく、
時に感慨深く響き合う。
美食家をもうならせる、シェフ自信の料理
会場をやわらかに包む季節の花の香り・・・
あらゆるパーティーは、非日常であってこそ。
品格あるラグジュアリーが、繊細に、大胆に、
ゲストの五感を豊かに満たします。

_
_
_

本物

愛、誓い、感謝、友情、絆・・・
どんなに美しい宝石よりも価値があるもの、けれども、そのままでは形を成さない「人の想い」。
おもてなしやコーディネートを考えることは、すなわち、お客様ひとり一人の想いを演出や衣裳を通して、目に見える形にしていくこと。
「愛」という聞き慣れた言葉に託したものは・・・
「感謝」の二文字に込めた想いの深さは・・・
お客様の心に寄り添い、想いを重ね、理解することがプランニング&サービスの出発点。
流行のご提案と同時に、真摯にお話をうかがえば
答えはいつも、お客様の心の中に見つかります。

_

プロフェッショナルとして
ひとりの人間として

ときわのスタッフは、ベテランから新人に至るまで
プロフェッショナルとして、そして同時に
ひとりの人間としてお客様に向き合います。
専門職としての豊富な知識・高いスキルと
幸せの重みをきちんと受けとめる誠実なこころ。
両方がそろって初めて、ベストなご提案が可能になる。
深く細やかな気持ちがわかるプロであるために、
良きプライベートの充実も心がけています。

_
_
_

あくなき情熱が
"奇跡の瞬間"を叶える

表面だけの華やかさ、賑やかなだけのサプライズ。
どちらも、ときわには無縁のものです。
一生に一度の大切なセレモニー。
心の奥底を揺り動かすことができなければ
真実の感動は生まれません。
もっとご要望にふさわしい何かがあるはず・・・
集まった人たちの心がひとつになる
そんな奇跡の瞬間を、私たちは追い求め続けます。

_
_
_
_
_
_

本物

記憶の中のワンシーンが、
いつまでもあざやかに甦る。
まるで自分自身が物語の主人公に
なったかのように・・・
嬉しい祝福の時間が過ぎ去った後も、
お客様に甘い華やぎを
感じ続けていただけたら
どんなに素晴らしいことでしょう。
一日の出来事を、かけがえのない
物語に昇華させるために、
幸福のピースを、
私たちはたゆまず磨き続けます。
建物の佇まい、インテリアや調度品はもちろん、
四季を映す水や緑にも心を寄せて、
さらに美しい風景へ。
成長を記す衣裳、結婚を寿ぐ衣裳、
祝福を送る衣裳、一着一着に
愛情を込めて、さらに晴れやかな装いへ。
すべては、世界でただひとつの
物語を綴るために…

_
_
_
_

優しさを秘めた
高い美意識

お客様の視線が集まる部分にはもちろん、
意識されないところにも、
気持ちを行き届かせる。私たちの美意識は、
目に見える「モノ」よりもむしろ、
細部にまで及ぶこだわりが醸し出す雰囲気、
長いおつきあいのお客様がよくおっしゃる
「ときわらしさ」という言葉に宿っています。
特別な日を祝う高揚感に満ちあふれ、
それでいて自分の家や衣裳のように
気持ちを預けられる心地よさ。
優しい美しさが「あなただけの物語」へと導きます。

_

未来の幸せまで
思い描ける場所へ

ときわのバンケットや衣裳をお使いになることが
お客様の人生、そして日々の物語に、
より豊かさと広がりをもたらせますように。
集まった方々の間に結ばれた絆が、
末永く、すこやかに育ちますように。
お客様にとって、幸せな今を
表現するだけでなく
幸せな「未来」を予感させる特別な
場所になること。
私たちときわの、心からの願いです。

_
_
_